• aiuehoikuenkasugab

化学の不思議~ダイラタンシー現象~

きらきら・のびのび組は、「化学実験」をしました。

片栗粉と水で作ったスライムを強く握ると塊になり、手のひらにのせてじっとしていると

流れてきます。

これは、「ダイラタンシー現象」と呼ばれる現象ですが、

子どもたちは感触あそびを通して、物質の性質や相互反応によってどう変化するかを

体験しました。

「とろとろチーズよ~!」「クリームシチューだよ」と大はしゃぎの子どもたちでした。









にこにこ組は、ボール遊びをしました。

ボールをよく見て、両手でキャッチできると嬉しそうに「もう一回する!」と

何度もチャレンジしていました。






ぽかぽか組は、にこにこ組さんが誘導ロープで園庭を歩いているのを

目をキラキラさせながら見ていたのですが、「一緒にいいよ」と誘ってもらい、

とっても嬉しそうに次々に仲間入りし、一緒に園内散策を楽しみました。





63回の閲覧

最新記事

すべて表示