• aiuehoikuenkasugab

「ない」「あった」因果関係のある遊び~宝さがし~

砂山をシャベルでやわらかくしていると、子どもたちが楽しいことを思いついたようで、

ニコニコ笑いながら、スコップや型抜きを埋めて、それを掘って「みーつけた」と

何度も繰り返し、いつの間にか宝さがしが始まりました。

埋めて隠し、掘って見つけることは、目の前にあったものが、なくなるという

「ない」「あった」という「因果関係のある遊び」と言い、子どもたちは

あそびの中で、そのことを大発見できて楽しかったようです。

にこにこ組の子どもたちも、お姉さんたちに「ここよ」と教えてもらいながら、

掘って見つけると大喜びでした。






ぽかぽか組は、お部屋でオーガンジー布を使って「いないいないばあ」をしたり、

わらべうたに合わせてゆらゆら揺らしたりして遊びました。

重ねカップを上手に積み上げ、先生に褒めてもらい、とても得意気の表情でしたよ。

カップの大きさの違いが少しずつわかってきましたね。



56回の閲覧

最新記事

すべて表示